ファッションとテクノロジーが交差し、まったく新しいファッションの波を刻む|Anouk Wipprecht​

ファッションエンジニア アヌーク・ヴィプレヒト

アヌーク・ヴィプレヒト氏はオランダのデザイナーです。ファッショナブルな服を身にまといながらも、彼女は単なるファッションデザイナーにとどまりません。エンジニアであり、教師であり、スピーカーでもあります。彼女は15年以上にわたって、「ファッションと工学、科学、インタラクティブデザインをいかに融合させるか 」という問題に取り組んできました。

では、レーザー彫刻機FLUXはどうでしょう?
ファッション・テックの領域で、ヴィプレヒト氏にどのように貢献しているのでしょうか?

心を読む服?

本プロジェクトは「センザンコウ・スケール・プロジェクト(The Pangolin Scales Project)」と呼ばれています。レーザー彫刻、3Dプリント、ブレイン・コンピュータ・インターフェイスを駆使して、ヴィプレヒト氏は自分自身の感情を反映できるシャツをデザインしています。光と動きは、合計64通りの組み合わせを持つことができます。つまり、センザンコウの服は、私たちの脳の中の感情を読み取り、点滅の頻度、色、動きでそれを表現することができるのです。考え事をしているときは温かみのある紫色に、激しい感情を感知すると青く光る翼を広げてくれます。

アクリル + ナイロンをレーザー加工できるのか?  問題ありません!

ヴィプレヒト氏のようなデザイナーにとって、複数素材を使うことは常に必要なことであり、それらを組み合わせようとするときは常にチャレンジングなことです。

このセンザンコウのドレスプロジェクトでは、FLUXレーザー彫刻機を使って、すべてのパーツを異なる素材で簡単に製作することができます。アクリル、革、布、どんな素材でも、FLUXレーザーカッターは、彼らの想像を一挙に現実に変えてしまうのです。また、デザイン変更が必要な場合でも、FLUXレーザー彫刻機であれば、追加制作費なしで制作することができます。

ファッションの新しい波を刻む

「ファッションは、現代テクノロジーをすべて利用しなければならない」 カール・ラガーフェルド

未来に向けた止められないトレンドのひとつに、テクノロジーとファッションの融合があり、それは社会性の進行指標にもなります。ファッション・テックの挑戦は、全く異なる2つの領域から異なる要素を統合することです。アヌーク・ヴィプレヒト氏とレーザー彫刻機の助けを借りて、彼女は多くの革新的でありながら魅力的なデザインを生み出しました。テクノロジーをファッションに取り入れることで、イノベーションを起こすための最高の燃料となったのです。

FLUX CO2レーザー加工機ラインナップ

beamo

世界最小の30W

beamo 製品ページ

Beambox

よりパワフルな40W

Beambox 製品ページ

Beambox Pro

より大きく強力な50W

Beambox Pro 製品ページ

HEXA

最大AF標準装備60W

HEXA 製品ページ