beamo用 オートフォーカスの取り付け方

まず初めに、beamoの電源を落としてコードを抜いておいてください

用意するもの

①オートフォーカス 
②六角レンチ (オートフォーカスに同梱)
③星型レンチ(beamoに同梱)
④細い結束バンド

1. ケーブルを束ねている結束バンドを切る

2. レーザーのヘッドを緩めて外す。
画像の指が掛かっているリングを緩めてから、横に伸びている黒のエアチューブを手前側に引いて土台の部分から外します。
その後、ノズルの部分を下げて外します。
透明のアクリルは切り取ってしまうか、もし可能であればどこかに上手く付けておくと、マニュアルフォーカスに戻した時に再度利用できます。

3. 六角レンチでレールにヘッドを固定している4本のネジを外す

4. カメラとLEDのコネクターを外します。
外したヘッドの上部裏側に繋がっている2つのケーブルを外します。

5. 反射鏡を六角レンチで外します(バネが間に入っているので、外すと飛び出してきますのでご注意ください)
オートフォーカスでも利用するので、外して保管しておきます。

6. オートフォーカスのネジを外します

7. カメラとLEDのコネクターを接続します(番号の通りに差し込むと差しやすいです)
画像のようにケーブルを出しておいてください。

8. 先程ケーブルを束ねていた場所にケーブルを集めて、結束バンドで固定します。
先に片方の穴から結束バンドを通して、ケーブルを括ってからもう一方の穴にバンドを通すと結束しやすいです。
矢印の方に引いて固定します。

9. オートフォーカスをセットして、先程外したネジで固定します。
動きやすく、ケーブルが少し邪魔になるので、多少根気が必要になると思います。

10. 第3反射鏡を戻します。(ネジは最後まで締める必要はなく、半分くらいで十分です)

11. レーザーヘッドを一番上まで押し上げます(赤い矢印)。
ノズルとセンサーの高さが一致するようにご調整ください。(ノズルの高さと緑のライン(センサーのボタンが押された状態)の高さを同じにする)
その状態で、青い矢印のところにあるネジで固定します。
ヘッドにつながっているケーブルは、写真の通り右側の方へ逃して設置してください。手前側にするとカメラ撮影の時に入り込んでしまいます。

12. 光路の調整が取れているか確認してください。光路の調整は同梱のマニュアルのP62をご参照ください

13. オートフォーカスのカバーを戻して終了です。

オートフォーカス操作方法

 本体左側に付いているボタン(赤丸)を2回押すと、素材の高さを計測します。
ノズルではなく、画像にある突起の部分(青四角)を素材に当てて計測します。

Bean Studioではオートフォーカスをオンにしてください。
(編集 -> ドキュメント設定)

ボタンを長押しすると、レーザーヘッドのリセットになります。
何らかの理由でノズル部分を下まで下げたい時は、長押しで下まで下げることが出来ます。(プラットフォームを外しておいてください)

Beam Studioでオートフォーカスをオンにすると下記のチェックボックス(Focus Adjustment)が現れ、それをチェックすると数値を入力するボックスが現れます。
このボックスに素材の厚みを入れると、それにあった高さに自動で調整されます。入力されている数値が優先され、オートフォーカスで計測した値は使われません。オートフォーカスのボタンで高さを計測したい方は、チェックボックスをチェックしないでください。
毎回素材の高さが決まっている場合は、チェックしてその厚みを入れておくと毎回その高さに合わせて加工することも出来ます。

さらにチェックボックスをチェックした状態で、実行回数を複数回にすると青丸の入力欄が現れます。
こちらに数値を入力すると、実行回数が増えるたびに数値分ノズルが下がって加工を行います。
これにより、通常より更に深く加工を行うことが出来ます。