beamo用 Rotaryの使い方

まず初めに、beamoの電源を落としてコードを抜いておいてください

1. プラットフォームを外して、底面のネジを外す

2. 底面のカバーを外して、ロータリーの上にbeamoを配置する

3. Rotaryとbeamoをケーブルで繋ぐ

Beam studioの設定

1. 編集 -> ドキュメント設定でロータリーを有効にする

2. ローラーの間に加工した素材を載せます。その後ノブを回して、ローラーの距離を調整します

3. レーザーヘッドの高さを調整します

4. カメラのプレビューを利用して、青い線を素材の真ん中に持ってきます

これで設定は完了です。加工したデータを合わせてご利用ください

※モーターを交換してください、というエラーメッセージが出ますがそのまま続行してください